さつまいも鳴門金時を100%楽しめる徳島県鳴門市の芋ようかん

img_5130

今回は徳島県は鳴門市で有名な鳴門金時を使った羊羹をご紹介!
日本百景に選定されている、鳴門市と淡路島の間にある海峡、鳴門海峡はご存知でしょうか?海面にぐるぐると渦巻きが出来る、あの場所です。
そんな、鳴門海峡の潮風をあび育った、鳴門市のさつまいもを「鳴門金時」と呼び、その鳴門金時を使用し作られた羊羹が「栗尾商店の芋ようかん」です。
さつまいもは焼き芋など、そのまま食べても美味しいですが、どんな羊羹になるのか楽しみです!

和を感じる落ち着いた色

img_5123

紙袋に包装された芋ようかん。パッケージには鳴門金時100%使用とかかれていて、羊羹好き、さつまいも好きを引き寄せる目印です。

img_5124

紙袋をあけると真空パックされた、細長い芋ようかんが2本登場!1本あたり12cmほどの長さ。さつまいもの黄色いのを想像してたんですが、ちょっと濃い色してます。

柔らかめなので上積み厳禁

img_5125

真空パック上からも確認できてたんですが、何かつぶつぶしたものが入ってます。このツブツブしたものは、さつまいもの皮のようで、よーく見ると紫色してます。
触ってみた感じは、ブニブニしており、強めに力をいれると変形してしまいます。旅行バックにパンパンに詰め込むのは要注意です。

鳴門金時本来の甘みが口いっぱいに

img_5128

とっても柔らかい芋ようかん、口に入れた瞬間からさつまいも本来の甘みが口いっぱいに広がります。皮の味や食感も少し感じますが、嫌な感じは全くしません、むしろ良いアクセントとなってます。
噛めば噛むほど甘さが増し、さつまいもと同様にけっこう口の中の水分をもってかれますので、お茶との相性ぴったりというか、必須レベルです。

img_5131

比較的、賞味期限も長めですので自分用にもお土産用にもぴったり。
鳴門金問の味をバッチリ満喫することが出来ますので、さつまいもが好きな方には間違いなく喜ばれるお土産です。

芋ようかんを購入できる場所

■通販
栗尾商店ホームページより電話注文できます
■GRANSTA(グランスタ) 東京駅エキナカ/TOKYO STATION CITY
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅B1
■岩田屋
福岡県福岡市中央区天神2丁目5番35号 岩田屋本店B2

※東京・福岡に店舗がありますが、店舗オジリナル商品が多いようです。『滴 和三盆』という商品が今回紹介した、芋ようかんに近いかと思います。

商品情報

■品名:芋ようかん
■価格:2本入 432円(税込)
■賞味期限:約50日
■販売者:栗尾商店
公式サイト

PAGE TOP ↑