高知のお土産お菓子で一番売れている『かんざし』は柚子風味の焼き菓子

高知

Exif_JPEG_PICTURE

高知で一番売れているお土産をお探しのアナタにオススメするのが浜幸の『かんざし』です!

かんざしは日本三大がっかり名所の1つ高知県「はりまや橋」の真隣に本店を構える浜幸で作られています。年間に450万個も販売しており、高知県で一番売れているお土産として地元民はもちろん県外からの観光客にも人気です。そんなかんざしはいったいどんなお土産お菓子なのか実際に食べてみましたので詳しくご紹介いたします。

5個入りからは、かんざし飴が同封される

Exif_JPEG_PICTURE

今回購入した『かんざし』は5個入りタイプ。薄茶色の箱に入っていて男の人が女性にかんざしをつけている絵が描かれています。写真は無いのですが裏には「ぼんさんかんざし 故事」が書かれていてちょっとした物語を読むことが出来ます。

Exif_JPEG_PICTURE

箱をあけると1つ1つ包装されたかんざしの登場です。こちらも箱と同じ色使いで同じ絵が描かれています。バラマキようのお土産としても良さそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

そして5個入り以上で買うとゲットできるかんざし飴も入っていました。可愛いデザインですが飴なので食べることもでき、味はスモモ味です。お菓子とは別にこういったオマケのような物が入ってるのは嬉しいですね!

ホイルに包まれ旨味が閉じ込められてます

Exif_JPEG_PICTURE

個包装をあけてみると、中から登場したのは銀紙に包まれたかんざし!箱→個包装ときてまさかの銀紙でさらに包装されているということに驚き。銀紙に包まれている理由はホイル焼きによる製法によってマーガリンや卵のうまみを閉じ込めるためです。

Exif_JPEG_PICTURE

それでは銀紙をはがしてみます。すると甘いケーキのような匂いが!そしてこんがり焼けた表面にはかんざし模様が!なんとこのかんざし模様、着色は一切しておらず上手くかんざしを表現するのに10年かかったようです。

Exif_JPEG_PICTURE

半分に割ってみました。すると外のきつね色とは違った白い何かが中に入っています。匂いなどはこの時点でせず、食べてみてのお楽しみにします。ちなみにですがホイル焼きによってマーガリンなどが染み込んでいますので手にもつと油で手がベタベタします。

マドレーヌのような味と食感+柚子のほのかな香り

Exif_JPEG_PICTURE

実際にかんざしを食べてみました。食感はとっても柔らかくフワフワで、マドレーヌのような食感に近いです。

そして味ですが、こちらもマドレーヌのような味に近く洋菓子のようです。そして中にはいっていた「何か」ですが、こちらは「柚子」でした!主張しすぎないけど存在感はある柚子の味で、甘いケーキのような生地との相性はバツグンでとても美味しいです。

公式に夏は冷やして、冬は温めての一工夫をすることでさらに美味しくいただけるとあったので実際にやってみました。

まず、冷やして食べてみると、柔らかい食感はそのままに冷たくいただけます。冷やしたことによって少しだけ柚子が強くなったような印象です。

次にトースターで温めて食べてみました、こちらも硬くなったりすることなくホクホク。そして凝縮されていたマーガリンなどが溶け出し、出来たてを食べてるかのようです。

結果的に常温、冷やす、温める、どの食べ方も美味しかったのでぜひ一度試してみてください!

Exif_JPEG_PICTURE

今回ご紹介したかんざしは地元でも有名で年間に450万個も販売する大ヒットお菓子。高知のお土産で最も売れているというだけあり、とても美味しかったです。ホイル焼きによる恩恵で賞味期限も約20日となりお土産としても最適です。高知でみかけたさいは土佐銘菓『かんざし』を是非チェックしてみてください。

かんざしを購入できる場所

浜幸
■はりまや本店
〒780-0822 高知市はりまや町1-1-1
■一宮街道浜幸
〒780-0071 高知市高埇4番11号
■升形店
〒780-0861 高知県高知市升形 6-1
■土佐道路店
〒780-8050 高知市鴨部 1087-1
■万々店
〒780-0912 高知市八反町2-12-15

さらに表示

商品情報

■品名:かんざし
■価格:3個 351円(飴無し)/5個 540円(箱)/6個 648円(箱)/8個 864円(箱)/11個 1,080円(箱)/16個 1,620円(箱)/22個 2,160円(箱)/30個 2,808円(箱)/個 円(箱) ※表示は税込み価格です
■賞味期限:約20日
■カロリー:110.7kcal(1個あたり)
■販売者:浜幸
公式サイト

PAGE TOP ↑