抹茶色がたまらない愛媛の定番お土産『一六タルト抹茶』は渋い大人の味

Exif_JPEG_PICTURE

抹茶が好きな方へオススメしたい愛媛の人気お土産『一六タルト抹茶』。

一六タルトといえば愛媛では知らない人がいないほどメジャーなお土産お菓子。現在では様々な味が販売されています。その中で今回ご紹介するのはプレーンと同じく年中いつでも購入することができる「抹茶」味。抹茶が好きな人にはたまらない「抹茶色」が全面に押し出されています。一六タルト抹茶はいったいどんなお菓子なのか実際に食べてみましたので詳しくご紹介いたします。

一六タルト抹茶は緑の箱が目印

Exif_JPEG_PICTURE

緑の箱が目印の一六タルト抹茶。今回はひと切れタイプ3個入りを購入しました。ひと切れタイプ3個入りのみ可愛いデザインの箱に入っています。抹茶味も定番味なので1本(11切れ)で購入するこも可能です。

Exif_JPEG_PICTURE

箱をあけると抹茶を連想させる緑色の袋に入った一六タルトが登場。3個入りだとバラマキ土産として微妙ですが、10個入りのひと切れタイプもあります。そもそも3個入りは箱が可愛いのでそのままプレゼントするほうが喜ばれそうです。

深い緑色した抹茶ロールケーキ

Exif_JPEG_PICTURE

袋あけると抹茶色した一六タルトが登場します。色こそ違いますが定番「一六タルト(柚子)」と同じルックスですね。スポンジの部分がけっこう渋い緑色なので味も渋めなのでしょうか?スポンジに挟まれるのはうっすら緑色のあんこ。あんこにも抹茶が含まれているようです。

Exif_JPEG_PICTURE

やはり一六タルトの「の」という文字を思い浮かべるルックス愛らしいです。ちなみに「タルトくん」というシュールなキャラクターがいてキーホルダーやシールなんかも愛媛では売っていました。

抹茶の渋い味わいを楽しめる一品

Exif_JPEG_PICTURE

それでは実際に一六タルト抹茶を食してみたいと思います。味は抹茶と小豆の味が1対1といった印象。スポンジはもちろんあんこにも抹茶が含まれており渋い味わい。原材料には柚子も含まれている書かれてあり、かすかに柚子の味もします。全体的に渋い味ですので熱いお茶との相性が良いです。

食感はスポンジのフワフワ感と挟まれたあんこも柔らかく食べやすいです。形状はロールケーキですが完全に和菓子です。

一六タルト抹茶は渋い大人の味でした

Exif_JPEG_PICTURE
今回ご紹介した一六タルト抹茶は前回食べた一六タルト(柚子)に比べ渋みが強い印象。抹茶らしさと小豆らしさを一度に楽しめます。抹茶好きはもちろん、甘いけど渋い大人味を求める方にはピッタリなお土産です。愛媛のド定番お土産一六タルト、観光名所や空港などはもちろん比較的どこででも購入することが可能ですので見つけたさいは是非チェックしてみてください。

一六タルト抹茶を購入できる場所

■松山市内
・駅前店
松山市宮田町14

・いよてつ高島屋店
松山市湊町5丁目1-1 いよてつ高島屋B1

・大街道本店
松山市大街道2丁目2-4

・勝山本店
松山市勝山町2丁目8-1

・石手店
松山市石手1丁目2-7 セブンスター石手店内

さらに表示

商品情報

■品名:一六タルト抹茶
■価格:【ひと切れタイプ】1個 129円/3個 453円/10個 1,404円
【通常タイプ】1本 864円(1本11切れ) ※表示は税込み価格です
■賞味期限:約14日
■カロリー:100kcal(1切れあたり)
■販売者:一六本舗
公式サイト

PAGE TOP ↑