愛媛・石鎚山SAでしか購入できない塩強めなどら焼き『塩どら巻』

Exif_JPEG_PICTURE

愛媛のお土産で入手難易度高めなお菓子が食べたい!というアナタにオススメするのが『塩どら巻』です!

塩どら巻は愛媛県にある松山自動車道「石鎚山サービスエリア上り」でしか購入することが出来ないお菓子。名前から連想される通り、どら焼きのようなお菓子で、中の餡には白インゲン豆と伯方の塩が使われています。塩が使われるお菓子は全国にたくさんありますが、「塩どら巻」はいったいどんなお菓子なのか実際に購入し食べてみましたのでレビューいたします!

松山自動車道・石鎚山サービスエリア上り限定

Exif_JPEG_PICTURE

塩らしさが伝わる白をベースに薄い青色で模様が描かれた箱が目印。中央には大きな文字で「塩どら巻」と書かれています。その下には塩どら巻のイラスト。そして伯方の塩使用と書かれおり、パッケージだけで塩味なお菓子だということがわかります。

Exif_JPEG_PICTURE

パッケージの上のほうには「石鎚山サービスエリア限定商品」のマークが。愛媛にある松山自動車道の石鎚山SAでしか購入できないレアお土産ですね!

Exif_JPEG_PICTURE

箱をあけると白い袋に青いロゴで塩どら巻と書かれた商品が登場。袋そのものは大きいのですが、うっすら見える中身は小さそうです。5個で1,188円ですから、そこそこのお値段ですね。

どら焼きに包まれる餡が真っ白!

Exif_JPEG_PICTURE

いざ袋あけ中身を取り出してみます!中から登場したのはこんがり焼けた生地が美味しそうなどら焼きのようなお菓子。どら焼きと同じで甘くて美味しそうな香りがします。

Exif_JPEG_PICTURE

生地に包まれる餡は真っ白!塩味だからなのかな?と思って調べてみると、「手亡豆」という白インゲン豆が使われていました。食べたことがないのでどんな味なのか楽しみです。

塩のパンチが効いたどら焼き

Exif_JPEG_PICTURE

そでは実際に『塩どら巻』を食べてみたいと思います。まず外の生地。よくあるどら焼きと同じ味、食感です。この生地には塩は含まれていないみたいです。

次に中の白い餡。白インゲン豆ということで食べるまで謎の味だったのですが、小豆あんことそんなに違いはありませんでした。生地からは塩を感じませんでしたが餡のほうにバッチリ「塩味」が効いていました。

一緒に食べることによってパンチの効いた塩と生地の甘さが絶妙にマッチし美味しくいただけます。あと、塩のせいか食べたあとちょっと喉が乾きますので飲み物を用意しておくとよりいっそう美味しくいただけます。

印象としては甘いお菓子に使用しても良いギリギリラインの塩加減だと思います。もう少し塩が強すぎるとバランスが崩れてしまいそうな、そんな絶妙な塩梅です。ということで塩強めなので塩味が好きな方は美味しくいただけるお菓子ですよ。

入手難易度高めだけど塩好きなら是非!

Exif_JPEG_PICTURE

今回ご紹介した塩どら巻、パンチの効いた塩味で「塩」が好きな方にはオススメしたいお土産お菓子でした。どら焼きと塩のコラボレーションぜひとも味わってみて欲しいです。

愛媛へ訪れても車に乗り、石鎚山サービスエリア上りへ行かないと購入することが出来ないレアなお菓子。そのレア度から食べたことがない方が多数だと思いますので、立ち寄りのさいは是非チェックしてみてください。

塩どら巻を購入できる場所

■松山自動車道
・石鎚山サービスエリア上り

商品情報

■品名:塩どら巻
■価格:5個 1,188円/8個 1,836円 ※表示は税込み価格です
■賞味期限:約25日
■販売者:伊予鉄会館

PAGE TOP ↑