とにかく「硬い」長崎のお土産『麻花兒マファール』はシンプル味だけどコクがある

長崎

Exif_JPEG_PICTURE

歯に自信あり!とにかく「硬い」お菓子が食べたいとお探しのアナタに是非ともオススメしたいのが長崎土産『麻花兒(マファール)』です!

なかなか硬いお菓子が食べたいという方は少ないと思いますが、その硬さから一度食べれば思い出に残る、そんなお菓子が麻花兒なんです。そもそも麻花兒というのはどういうお菓子なのかと言うと、中国で生まれた揚げ菓子で、日本で言うところの「かりんとう」に似ています。香ばしくてほんのり甘いのが特徴的。シンプルな味だけど「うま味」つまりコクがあります。

日本で作られるのはごく一部という『麻花兒』はいったいどんなお菓子なのか実際に食べてみましたので詳しくレビューしたいと思います。

中国らしい「麻花兒」という文字が目印

Exif_JPEG_PICTURE

長崎では他にも麻花兒を作っているお菓子屋さんがありますが、今回ご紹介する「蘇州林」の麻花兒は赤色のふちで真ん中は透明な袋で販売されています。今回は5個入り389円(税込)での購入です。

Exif_JPEG_PICTURE

袋をあけると透明な個包装がほどこされた麻花兒が登場。この透明な袋はとくに装飾などされておらずシンプルな袋です。個包装されているのでバラマキにもOKです。

キツネ色したひねり棒

Exif_JPEG_PICTURE

袋が透明なので中身はバレバレですが、取り出してみると茶色く色づきクネクネとねじられた麻花兒が登場。1本の長さは約12センチぐらいです。

香りはかりんとうのような匂いで香ばしいです。硬さはけっこうカチカチ。力をいれて割るとパチッとプラスチックが折れたような音がします。手で触ると揚げ菓子ということもあり少し油がふちゃくします。

ガリッ!バリッ!なかなかの硬さ。そしてシンプルな味

Exif_JPEG_PICTURE

それでは実際に麻花兒(マファール)を食べてみたいと思います。まず食感。触った感じが硬そうだったのですが、食べてみると想像を超える硬さで思わず「かたっ!」と言ってしまいました(笑)歯に不安を抱える方は控えたほうが良さそうです。噛めばガリッ!バリッ!と音がしますのでこっそり食べるのには不向きです。

味はどこか懐かしい味。甘さは控えめで、少し油っぽさがあります。製法がかりんとうに似てるんですが、味はあまり似てないように思います。甘さが控えめということで次から次に食べれてしまいますよ!

硬すぎるおかげで印象に残る長崎土産でした

Exif_JPEG_PICTURE

今回ご紹介した麻花兒(マファール)。味はとってもシンプルで食べやすいのですが、硬すぎるというインパクトが強かったお土産お菓子でした。硬いものが大好きな方には喜ばれるお土産になりそうです。長崎をおとずれ見かけた時はぜひチェックしてみてくださいね。くれぐれも静かにしてなくちゃいけない場所で食べないようにしてください(笑)

麻花兒(マファール)を購入できる場所

長崎新地中華街
蘇州林 長崎唐菓子店 長崎県長崎市新地町13-17
その他 デパート全国銘菓売り場など

商品情報

■品名:麻花兒(マファール)
■価格:5本入 389円/7本入 540円/15本入 1,080円 ※表示は税込み価格です
■賞味期限:150日
■カロリー:449kcal(100gあたり)
■販売者:蘇州林

PAGE TOP ↑