東京駅限定で購入できるお土産にぴったりなオシャレ&新食感な『グミッツェル』

Exif_JPEG_PICTURE

東京駅限定でオシャレで可愛いお土産をお探しのアナタにオススメするのが今回ご紹介するグミ菓子『グミッツェル』です!

こちらのグミ、なんと製造販売しているのは小さなころから食べていた誰もが知る飴「カンロ飴」を作っているカンロ株式会社なんです。カンロ飴というとちょっと懐かしく古いイメージがありますが、今回ご紹介するグミッツェルはオシャレで可愛くてカンロ飴の面影はハッキリ言ってゼロです(笑)

東京駅限定モデルは東京駅でしか購入できませんが、大阪にある店舗でも大阪限定が販売されており、東京、大阪、どちらでも購入できるスタンダードタイプもあります。しかし、やはり東京駅を訪れたのなら手に入れたいのは東京駅限定タイプですよね?ということで東京駅限定のグミッツェルはどんなお菓子なのか詳しくレビューしたいと思います。

東京駅限定デザインは電車のイラストが描かれる

Exif_JPEG_PICTURE

今回購入したのは、6個入りで箱入りタイプです。東京駅限定とかかれた箱に入っていて、東京駅限定らしさをイメージさせる電車のイラストが描かれています。また、グミッツェルを取り扱っている店舗ヒトツブカンロは東京駅とは別に大阪LUCUA1100にもあり、こちらには大阪限定のグミッツェルがあります。

Exif_JPEG_PICTURE

箱をあけると1つ1つ透明な袋で包装された色鮮やかな6種類のグミッツェルが登場。全てが違う色ということもありカラフルでとってもキレイです。これは女性や子供に喜ばれそうです。ちなみにバラ売りでも購入することができ、1つ130円(税込み)で購入するこもできます。

6種類の色鮮やかなグミ。色によって味が違う!

Exif_JPEG_PICTURE

1つ1つ色が違うだけではなく、味も異なるようで、みどり色がラフランス、紫色がグレープ、黄色がグレープフルーツ、茶色がコーラ、青色がソーダ、ピンク色がアップルとなっています。

Exif_JPEG_PICTURE

6種類全部味が違うのでバラマキ土産としてプレゼントするのであれば1種類ずつ渡したいところです、そういった場合は東京駅限定ではなくなりますが、12個セット、30個セットもありますので、そちらを選ぶと良いかと思います。

味は濃厚そして食感がインパクト大

Exif_JPEG_PICTURE

実際にグミッツェルを食べてみます。まず驚いたのが食感、想像してたより周りがパリパリで噛んだ瞬間バリバリッと音がするほどです!うすーい飴を噛んだ食感に近いです。中はグミらしいシットリした食感でパリッとフニャが混ざった食感が癖になります。

味のほうは、6種類それぞれ味がしっかりしていて美味しくいただけますが、味が濃いために1つ丸々を食べきるとなると少し飽きてきてしまいました。手でちぎって食べることもできるので少しずつ食べるのをオススメします。

Exif_JPEG_PICTURE

今回ご紹介したグミッツェル、東京駅か大阪LUCUA1100でしか販売しておらず、希少感もあり、限定デザインもありお土産選びにもピッタリなお菓子です。また食感も斬新で味も6種類すべて安定した美味しさですので東京駅でのお土産選びに迷った時は是非チェックしてみてください。

グミッツェルを購入できる場所

■ヒトツブカンロ
・東京 GRANSTA店
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東京駅構内B1F グランスタ内

・大阪 LUCUA 1100店
大阪府大阪市北区梅田3-1-3
LUCUA 1100 2F

商品情報

■品名:グミッツェル
■価格:1個 130円/6個 750円(箱:東京駅限定/大阪LUCUA1100限定)/12個入 1,490円(箱)/30個 3,710円※表示は税込み価格です
■賞味期限:約30日
■販売者:カンロ
公式サイト

PAGE TOP ↑