富山湾でしかとれない「しろえび」を使った富山土産しろえびせんべい

IMG_5176

北陸地方、富山県から今回はささら屋のしろえびせんべいのご紹介!
しろえびせんべいのしろえび(シラエビ)とは、体調50〜80mmと桜えびより大きく、体の色は無色透明でほんのりピンク色、死んでしまうと乳白色になるということから、しろえびと呼ばれるようです。
そんな、しろえびは富山湾、遠州灘、駿河湾、相模湾に生息しますが、商業漁獲しているのは富山湾のみ。今では流通網や冷凍技術が発達したので他県でも食べることが出来ますが、一昔前は富山県周辺でしか入手できなかったようです。
そんな富山の珍味しろえびをつかった人気でお土産にぴったりな「しろえびせんべい」をレポートいたします!

袋タイプと箱タイプあります

IMG_5170

箱入り、袋入りで売られているしろえびせんべい、今回は自分用にと袋入りタイプの14枚入りを購入してみました。紫色の袋で「富山湾のしろえびせんべい」と書かれています。

IMG_5172

袋の中には1枚1枚丁寧に包装された小袋が登場。ばらまき用のお土産としても嬉しいです。

本格的なエビの香り

IMG_5177

小袋をあけると中から二枚の薄いしろえびせんべいが登場。全体的に白く、とこどころ茶色く色づきとっても美味しそうです。
それから気になったのが匂い。スーパーなどで市販されているエビを使ったスナック菓子とは違い、濃い匂いというか、潮の香りというか、本格的なエビの匂いがします。

最初にガツンとくる濃厚なえび味

IMG_5179

実際に食べてみると、一瞬サラダ味のせんべいの味がし、その後、濃厚なエビの味がします。おそらく表面にエビの濃厚なパウダーが、ふりかけてあるるんだと思います。表面意外は比較的あっさりな味です。
最初のえびのインパクトが強かったぶん、噛めば噛むほど味が落ち着いてきますが、後味すっきりで次から次にバクバク食べてしまいます。
せんべいそのものが薄いので1口で食べることも可能ですし、割って食べることも簡単に出来ます。

IMG_5175

エビ好きな方は間違いなく「美味しい!」と喜ぶおせんべいで、ビールなんかのおつまみにも良さそうです。反対にエビが苦手な方は、濃厚なエビ味がしますのでお口にあわないかもしれません。
比較的、お値段もリーズナブルなので、富山でしかとれない「しろえび」アピールとともにお土産に最適なお菓子です!

しろえびせんべいを購入できる場所

ささら屋各店舗
■富山県
福光本店、立山本店、福光新町店、富山金泉寺店、とやマルシェ店
■石川県
金沢高柳店
■東京都
東京八王子店、東京三鷹店、東京九段店
■愛知県
名古屋栄店
■大阪府
大阪住吉店

商品情報

■品名:しろえびせんべい
■価格:14袋 540円(袋)/20袋 756円(袋)/20袋 864円(箱)/24袋 1,080円(箱)/48袋 2,160円(箱)/72袋 3,240円(箱)/120袋 5,400円(箱)※表示は税込み価格です
■賞味期限:約80日
■カロリー:34kcal(1袋8gあたり)
■販売者:ささら屋
公式サイト

PAGE TOP ↑