日光東照宮献上品であり栃木の銘菓『きぬにしき』は和洋折衷な逸品

Exif_JPEG_PICTURE

栃木の銘菓であり「日光東照宮献上品」でもある和菓子だけど洋菓子のような『きぬにしき』を今回はご紹介いたします!
どらやきのように生地に餡が挟まれているお菓子ですが、パッケージにも「和洋折衷」とありなんとなく味の想像は出来るんだけど想像できないそんな不思議なお菓子。今回も実際に食べて見ましたのでレビューしたいと思います!

日光東照宮献上品という何とも神々しい響き

Exif_JPEG_PICTURE

細長く緑色が目印の日昇堂のきぬにしき。パッケージには『きぬにしき』の現物写真ものせられていて、中身を想像しやすくなっています。一袋あたりに4個入っていて価格は税込378円でした。

Exif_JPEG_PICTURE

「見ざる言わざる聞かざる」で有名な日光東照宮に献上されているお菓子ということで「日光東照宮献上品」というステッカーが袋の右上に貼られています。
このステッカーがあるだけで不思議と購買意欲がわきます(笑)

Exif_JPEG_PICTURE

袋から取り出すと1つ1つ個包装されたきぬにしきの登場。

Exif_JPEG_PICTURE

徳川の家紋がデザインされていて立派です。バラマキ土産にも良さそうですよ。
写真では少し分かりづらいかもしれませんが「第二十回 全国菓子大博覧会で大賞受賞」という文字も!食べる前から期待させてくれる文字がたっぷりです。

和菓子のルックスだけど香りは洋菓子

Exif_JPEG_PICTURE

中身を取り出し『きぬにしき』の登場です。表面がせんべいのようにも見えますが硬すぎず柔らかすぎずな、パンケーキをもう少し硬くしたような感じににています。
また袋をあけると洋菓子のような甘く優しい香りが広がります。

Exif_JPEG_PICTURE

大きさは直径6.5センチ、高さ1.5センチぐらいと一口で食べるには少し大きい感じです。

Exif_JPEG_PICTURE

中に餡が挟まっていますので半分に切ってみます。餡と生地の分厚さが同じぐらいでした。とっても食べ応えがありそうです!

和洋折衷な不思議な味と食感

Exif_JPEG_PICTURE

それでは『きぬにしき』をいただいてみます!
味はガッツリ小豆の味ではなく、生地もしっかり味がします。生地は砂糖と小麦粉とマーガリンがまざった優しい甘さです。この2つの味がそれぞれ主張し見事に合わさり和菓子なんだけど洋菓子のような不思議な味がします。

続いて食感、こちらはどら焼きより少し柔らかくモフモフと食べれる感じです。生地と包まれている餡の食感が違いますので面白い食感を楽しめます。
また、手で簡単に半分に割れますので少しずつ食べるということも可能です。

開封後はカビに注意

よく食べ物の裏に「開封後はお早めにお召し上がり下さい」という注意書きがあると思うんですが、こちらの『きぬにしき』は「開封後は即日お召し上がりください」という文字がありました。
実際に私も一度開封し、しばらくたって(30日ぐらい)から食べようと思ったらカビが発生しておりました。。。
当たり前といえば当たり前なんですが一度開封したらすぐに食べてください。個包装だけではすぐにカビてしまいますので、バラマキ土産として誰かにプレゼントする場合は開封するタイミングに注意です。

栃木のお土産に悩んだらコスパの良い「きぬにしき」で決まり!

Exif_JPEG_PICTURE

今回ご紹介したきぬにしきは和も洋も感じられる不思議なお菓子でしたがとっても美味しくいただけました。さすが日光東照宮献上品なだけはありました!4個で400円を切りますのでお土産としてもコスパはいいと思います。
栃木へ遊びに行った際やお仕事で行った際は是非「きぬにしき」をチェックしてみてくださいね!

きぬにしきを購入できる場所

元祖日昇堂
日光本店 栃木県日光市上鉢石町1038-1
宇都宮駅ビル パセオ店 栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ1F
その他 全国デパート銘菓売り場

商品情報

■品名:きぬにしき
■価格:4個 378円 ※表示は税込み価格です
■賞味期限:約80日
■販売者:日昇堂
■公式サイト:日昇堂ホームページ

PAGE TOP ↑